美味しく続けられる 健康食品をあなたにお届けします

脂肪分の多い食事はキケン?糖尿病デーにちなんで

脂肪分の多い食事はキケン?糖尿病デーにちなんで


今日11月14日は世界糖尿病デーです。

日本人の6人に1人は糖尿病、糖尿病予備軍の患者である
といわれています。

血糖値が高い=糖尿病
太っている=糖尿病

ではありませんが、その可能性を多く秘めています。

最近では、テレビや雑誌、ネット等の影響で、
多くの人が健康に関心を持ち、

血糖値が高い→糖質が少ないものを食べると良い
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と思っている方が多くいらっしゃいます。

この情報事態は間違いではありませんが、
糖尿病にならないために、
もうひとつ気をつけることがあります。

それは
========================
脂肪分の多い食事を取らない
========================

です。

脂肪分というと何を思い浮かべますか?

油やお肉の脂身でしょうか?

実は日本人の大好きなマグロやマヨネーズ、乳製品、
天ぷら、うなぎやサバなども脂肪分が多い食べ物です。

これらの脂肪分の多い食事を続けていると
糖尿病が発症しやすいことが、大学の研究で分かりました。

最近の私たちの食事はどうしても脂肪分の多い食事を
選びがちですし、偏りがちです。

血糖値に気を配ることは大切ですが
出来る限り脂肪分の少ない食事をすることも大切です。