青汁・プロは、栄養素を壊さず、酵素をかしたまま粉末化!

野菜不足の食卓にこれ1本。 カイシン「青汁・プロ」


美味しい青汁

カイシン「青汁・プロ」のこだわり

  • 絞り汁製法で作られています。
  • サッと3秒で溶けて、スッと飲むことができます。
  • 鮮度を生かすために畑から工場まで一貫製法です。
  • 生絞り製法により、酵素が生きた形で吸収できます。
  • 独自の製造技術により、栄養素が壊れることなく粉末化しています。
  • 大麦若葉とケールの絶妙な配合研究を進め、美味しさにこだわりました。

青汁・プロは、野菜不足を気にするあなたと家族の健康をサポートします。

青汁が日本人に愛されている本当の理由

青汁は昔から健康に良いと言われ、日常的な健康法のひとつとして取り上げられ、親しまれてきました。
では、あなたは「青汁」に何を求めているのでしょうか?
現代の日本人の食生活は、戦前の人と比べ、動物性たんぱく質や脂肪の摂取量が大幅に増えたのに
対し、野菜の摂取量が増えていないと言われています。 動物性たんぱく質や脂肪が増え分だけ、野菜
類の摂取が増えるというのが、理想的な栄養バランスといえます。しかしながら、動物性たんぱくの摂取
量が増えたにもかかわらず、野菜類が増えないのでは栄養バランスを崩していると言わざるをえません。

しかし、野菜を必要量食べると言っても、忙しい現代人には中々難しいことがあります。 現代人は偏食気味の方でなくても、日々の野菜が不足がちなのです。
そこで、手軽に野菜の栄養素を摂取できるのが「青汁」なのです。青汁を飲む目的は、不足しがちな栄養素を補うことだと言えるのではないのでしょうか。

不足しがちな栄養素とは、各種ビタミン類であり、ミネラルであり、酵素などの微量栄養素等であると言えます。
青汁には、ビタミン類とミネラル類の双方が備わっていることが、大きな特徴としてあげられます。青汁は、普通の野菜以上にビタミンやミネラルが豊富なのです。

ビタミン類は、ビタミンA,C,E,K,葉酸,B群ビタミンなど、主要なビタミン類が豊富に含まれています。ミネラル類も豊富です。さらにナトリウム、マグネシウム、カリウム、リン、亜鉛などの栄養素を50種類以上も含んでいます。
これなら、野菜を充分に取ることができないあなたにも、必要量の野菜を摂取する以上の目的を、果たすとができるのです。

 

他の青汁を飲んでいる方にこそお勧め

カイシンの「青汁・プロ」は、大麦若葉とケールで作られています。
大麦若葉のまろやかな味わいと、ケールの豊富な栄養素が生きている、バランスの取れた青汁です。
大麦若葉の味は何となく物足りない、でもケールは、味のクセが気になる。そんなあなたにピッタリな
青汁が、「青汁・プロ」です。 より美味しく、より飲みやすく、より栄養価の高い青汁をお届けします。
カイシンの「青汁・プロ」は、大麦若葉とケールのそれぞれの素材が持つ良さを、充分に引き出し、
コクが 有るのにクセがほとんど感じられないよう仕上げることに成功しました。

「青汁・プロ」は、ケールの良さを頭では理解していても、その独特の味のために続ける事ができない方のため、大麦若葉との原材料のバランスを最適化することに心がけました。

また大麦若葉の青汁は物足りないという方にも、ケールがプラスされたことにより、豊かな味わいが楽しめるようになったのです。

しかも、乾燥粉末特有のざらついた感じが舌に残る事もありません。粉っぽさが口の中に残らないのです。なぜなら「青汁・プロ」は、独特の特殊製法で作られているからです。

この製法で作られた青汁の特徴は、何と言っても「生」の青汁の風味が生きていることだ言えます。
どんな方でも飲んだ瞬間から、その違いが分ると思います。

「青汁・プロ」は、クセの有る味ではありません。

緑葉本来の美味しい味が楽しめます。ですので、どなたでも無理なく飲み続けて行くことが可能なのです。

「青汁・プロ」は大麦若葉とケールの良いとこ取り

「青汁・プロ」は大麦若葉とケールで作られています。
大麦若葉の青汁とケールの青汁は、それぞれ数有る青汁の原料の中でも、定番中の定番と言えることでしょう。
また、様々な青汁の製品群の中でも、大麦若葉とケールの組み合わせはベストの組み合わせだと言えます。
なぜなら、これらはカルシウムが大変多く、また各種アミノ酸も豊富に含まれているうえに、お互いの足りない
栄養素を補い合えるからです。他の青汁の原料は、必要性が無いと言えるくらいです。
大麦若葉は、その名の通り、大麦の穂の若いうちに摘まれたものを原料にします。

大麦若葉の若い芽は栄養価が高く、味にくせが無く、ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。 特にビタミンB1の含有は、ほうれん草の5.5倍。ビタミンCは、ほうれん草の30倍にものぼると言われています。
ケールは、キャベツの原種と言われており、緑黄色野菜の中でも、栄養成分に優れていることが特徴となっています。
そのケールの栄養素の特徴は、カルシウムと蛋白質です。
カルシウムは、日本人の不足しがちな栄養素の筆頭にあげられるものです。しかも牛乳よりも吸収率が良いと言われています。
また、意外と思われるかも知れませんが、ケールには、野菜なのに豆腐に匹敵する良質な蛋白質が存在します。質の良い蛋白質と驚くかも知れないのですが、ケールには存在しているのです。
その他ケールの栄養素はカリウム、ビタミン類等が豊富に存在しています。
「青汁・プロ」は、青汁そのものをより味しく、高い栄養成分が吸収できるように配合しています。芳醇でまろやかな大麦若葉の味と、コクのあるケールの味がしっかりとマッチして、風味やバランスが良く、栄養価も大変高い青汁に仕上げることができました。
大麦若葉とケールの組み合わせの、絶妙な配合バランスだからこそ、確かな味わいが実現できたのです。

搾る青汁だからこそ生きる栄養成分

現在青汁は、様々な製品が市場に出回っており、バリエーションも豊富です。
その原料もバラエティーに富んでおり、何を基準に選んだら良いのか迷ってしまうほどです。しかしながら
市場に出回っている粉末製品の青汁は、その粉末化する製造方法の過程で分けると、大きく2種類に
分けることができます。 それは「粉砕末」と「絞り汁」です。 「粉砕末」は、乾燥させた原料を、機械で細か
く粉砕して作られるものです。そのため粉末単体では水に溶け難いため、溶かしたときにダマになったり
飲んだときに口の中に粉っぽさが残ったりするのです。

「粉砕末」の大部分は、セルロースという不溶性の食物繊維であると考える事ができます。食物繊維は、最近になって整腸作用に不可欠なものとして、認められるようになってきました。
しかし、食物繊維は人間の胃腸では消化することができません。栄養は食物繊維の細胞膜の内側にあります。細胞膜で覆われた食物繊維の固まりでは、栄養は十二分に吸収されない可能性があるのです。
「絞り汁」の青汁は、新鮮な生葉に大きな圧力を加え、そのエキスを抽出し、瞬間的に液体を乾燥粉末にする製法で作られたものを指します。 「青汁・プロ」の製造工程の概略を述べますと、まず、新鮮な生葉をスクリュー圧搾法という方法で細胞膜を壊し、細胞内の栄養を根こそぎ抽出します。
次に、絞り取られた青汁を減圧タンクでほぼ真空状態にし、非加熱濃縮します。そして、濃縮された青汁を蛋白質変性が起きないよう、36~37度Cに温度を保持した独特のスプレードライ乾燥法で乾燥させます。この製法で作られた青汁は、大切な栄養素や酵素を損なうことがないのです。
水に溶かしたときの鮮やかなグリーンは、まるでその場で搾ったような色彩です。青汁を辞書で調べると「生野菜を搾った汁」と記されています。文字通りと考えるのならば、青汁の本来の姿は、「絞り汁」と言う事ができるのではないでしょうか。

酵素は、生命のあるところに必ず存在する物質です。たくさんの種類のものが人間を始めあらゆる生物の体内にあり、呼吸や体を動かす、消化吸収するなどの様々な化学反応を司っているのです。生物は酵素がなければ生きて行けないのです。

私達は酵素を体内で作っていますが、年齢と共に減少してきます。近年、それには限りがあるということが判明し、酵素を使い切ると生命活動が停止するそうです。
また、酵素が不足すると身体の代謝が衰え、健康を損なうと言われています。年齢を重ねると重い病気になる人が多くなり、老化が進むのも酵素が減少してくるからです。そのため、食べ物などから酵素を摂取する必要があるのです。

酵素は熱に弱く、50~60度の温度で働きが無くなります。
したがって、生のものや発酵食品など酵素が多く含まれている食品を、壊れない形で食べることが重要なのです。

シェイカー要らずで、舌に粉っぽさが残りません

青汁は、私たちの健康にとてもありがたい自然の恵みですが、問題は青汁の長期保存ができないことでした。
生の青汁は傷みが早く、冷蔵庫などで保存してもすぐ変色し、味も落ちてしまいます。
何とか青汁の活性を 保ったまま長期保存し、広く流布できる方法はないのだろうかと研究を重ねました。
この問題を解決したのが、独自のスプレードライ噴霧乾燥法です。乾燥速度が速く、乾燥温度が低い事が
特徴で、新鮮な青汁に熱を加えず、フレッシュなまま瞬時に粉末化させることができる画期的な製法です。
この製法によって作られた青汁は、酵素活性が失われない「生」の青汁であるといえます。

青汁の絞り汁を、加熱せずに粉末化するこの画期的な製法ですと、生葉本来の色と成分を凝縮し、残すことができると言えます。

この製法の採用により、新鮮な青汁そのものの色、味、品質が生かされた形で、全国にお届けすることができるようになったのです。この製法のお陰で、生の青汁がいつでも、どこでも手軽に味わえるようになったのです。

エネルギッシュで新鮮な青汁そのものの色、味、品質が生かされた絞り汁エキスには、私たちの健康に欠かせない栄養素や有用成分が含まれています。

サッと3秒で溶けますので、かき混ぜる時間が掛かりません。忙しい現代人にぴったりです。お水を入れたグラスに封を切った「青汁・プロ」を入れても、直ぐに溶けてくれます。普通、お水の中に粉末の青汁を入れると、ダマになったりしてすぐには溶けてくれないことが多いです。
しかし「青汁・プロ」なら、もう大丈夫です。さっと水に解けてしまいます。手軽にスピーディに美味しい青汁がサッとできます。

「青汁・プロ」なら毎日続けることができます

「青汁・プロ」の生絞り製法は、畑から工場までを国内での一貫した製法にすることにより、こだわりの
鮮度と品質を保持しています。また青汁本来の味を出すためにこだわった生絞り製法で、天然素材の
成分を余すところなく取り入れました。
「青汁・プロ」は、契約農家でしか栽培されていない、希少価値の高い優れた品種の原料のみを使用
しています。特に主な原料となる大麦若葉は、青汁の素材としていかに優れているかにこだわって
栽培された、背丈が高くて葉が大きく、幅広、肉厚で柔らかいという最適の素材を使用しています。

鮮度を保つために、朝摘んだ原料をそのまま工場に送り、新鮮な生葉の成分を損なわないよう、極力熱をかけない製法で、瞬時にエキス化しております。
だから青汁プロは、新鮮な緑黄の栄養成分を丸ごと摂ることができるのです。青汁はそもそも生の緑色野菜を絞った汁のことなので、この意味でも本来の青汁の製法に近い方法といえます。そのため限りなく生に近い味わいが生きているのです。

本当に生ジュースをいただく感覚です。

市場に出回っている青汁は、残念なことに青汁の鮮度がほとんど感じられない商品が多いのです。カイシンのお送りする「青汁・プロ」は、その生絞り製法にとことんこだわり、生のまま絞り熱を加えず、酵素活性が阻害されない形で、青汁の成分を活用して粉末としました。

「青汁・プロ」は、青汁本来の味が生きているので、風味が有るのに雑味がありません。粉砕末製法と異なり、お口の中にいつまでも、粉末の特有の粉っぽい感覚が残ることはありません。
ぜひ飲み比べてください。

素材・味・製法・生にこだわるカイシンの「青汁・プロ」

現代の『青汁』の主流は、大麦若葉になってきました。青汁は遠藤博士のケールが出発点と言えますが
今では、大麦若葉が主流と言えます。ケールには、野菜特有のアクがあり、大麦若葉にはアクがない
ことが大きな要因と言えます。
「青汁・プロ」は、ケールの有用性にも着目し、あえて大麦若葉とブレンドしています。 配合割合に細心の
注意を払いましたので、クセが強くて飲用できないという方は、ほとんどいらっしゃらないと思います。
その逆に、本来の液体で提供されていた青汁に比べて苦みがないので、クセを求める方にとっては少し

物足りないと感じるかもしれません。 しかし「青汁・プロ」は、独自の生絞り製法により、青汁本来の成分をそのまま丸ごと取り込んでいますので、小さいお子様からお年寄りまで、多くのかたに毎日飲んでいただける美味しさが自信です。

また、内容量を増やすための余分な原料も使用しておりません。
大麦若葉とケールの直球勝負です。
「青汁・プロ」は素材にこだわり、味にこだわり、製法にこだわっているため、そのためどうしても商品価格が高くなってしまう傾向があります。

できるだけお買い求めしやすいお値段で提供したいと考えていますが、ドラッグストアに並んでいる商品と比べて、割高感は否めません。
しかし飲み比べていただければ、その違いがわかります。

明日の健康が気になる方へ、野菜不足が気になるあなたに、 続けて毎日の習慣として飲んでいただき、明日の健康へとつながって欲しいと願っています。
この機会にぜひ一度ご賞味ください。

ケールの嫌いな方でも、これなら続けて行けます

目指したのは誰でも飲める美味しさです。 青汁・プロは、美味しさと飲みやすさにこだわって誕生しました。
青汁と言えば少し前までは、「う~ん、まずい!もう1杯!」のCMの印象が強く、健康には良さそうだけれど
「まずくて、飲みにくい」というイメージが、定着している感が強いものです。 いくら健康のためと言っても
やはり美味しくなければどんな物でも続けることはできません。体に良いと分っていても、まずくては
三日坊主で終ってしまいます。それでは本来の目的が果たせないのです。
最近では飲みやすい青汁が増えて来ましたが、まだまだ青汁が苦手な方が多いと思われます。

青汁・プロは、余計な甘さなどが無く、まろやかさとさっぱりとした飲み味が特徴です。
青汁・プロは、甘さを加えるなどの味付けをして、飲みやすさを追求しているわけではありませんが、どなたにでも気軽に飲んでいただけるよう原料の配合割合を考えています。
青汁・プロに使われている原料は、クセのない味わいが特徴の大麦若葉と、生命力が強いことで知られ、栄養素が豊富に含まれているケールの2種類です。青汁・プロのまろやかな味は、大麦若葉の持つ独特の風味が大いに寄与しています。
その風味がケールに含まれる青野菜特有のアクを和らげ、青汁を飲みやすいまろやかな味に変身させているのです。 カイシンの青汁・プロは、青汁独特の味が苦手な人や、初めて青汁を飲んでみようと思う人はもちろん、野菜嫌いのお子様にも美味しいと思ってもらえる味に仕上げました。

したがって、ご家庭内における野菜不足や野菜嫌いの悩みも、多いに解消されるのではないのでしょうか。
青汁・プロをお届けするカイシンでは、「美味しい、お替りもう一杯!」と言っていただくことを目標に、これからも本当の意味での美味しい青汁を、広く提供して行きたいと考えております。

カイシンの青汁プロは
野菜不足を気にするあなたと家族の健康をサポートします。



※お客様個人の感想であり、全ての方に効果があることを保障するものではありません。
  効果や実感には個人差がございます。




続けられる味で嬉しいですね


<T.Nさん 43歳 女性>
青汁・プロは匂いもなく、ほうれん草のような濃い緑黄色野菜の味で大変飲みやすいです。サラサラしていている感じです。 気のせいなのかも知れませんが、飲み始めてから調子も違います。 毎日の野菜不足を補うには、続けられる味で嬉しいですね。



一度に2本をコップに入れて飲んでいます


<A.Yさん 52歳 男性>
仕事が不規則で忙しく、どうしても健康管理が怠りがちなため市販の野菜ジュースなどを飲んでいました。 しかし野菜ジュースは変な甘さが気になり、本当に体に良いのか疑問に思っていました。そこで妻が見つけてくれたのが「青汁・プロ」です。 ケールが入っている青汁とは思えないほど飲みやすい点が気に入りました。コップに 2本のスティックを入れて飲むと、私の場合、丁度良い濃さになる気がします。 今では家族で愛用しています。



今から健康診断が楽しみです


<I.Fさん 49歳 男性>
外食のため野菜不足は常に意識しています 単身赴任のため、食事はいつも外食です。 意識して野菜は食べていますがそれでも足りず、健康診断でも指摘されました。 野菜不足といえば青汁と思い、すぐに飲み始めました。 苦いのは苦手な私ですが、青汁・プロはスッと軽く飲めたので決めました。 今では1日5回位は飲んでいて、私の元気の源です。 おかげさまで今年の検査が楽しみです。



妊娠・出産後の、欠かせない飲み物です


<K.Mさん 34歳 女性>
妊娠してから健康のことを考えて、偏りがちだった食事を見直しました。 でもそれでも野菜が足りず、無理して食べ過ぎると体重オーバーとなり本当に困っていました。 お医者さまとも相談してから飲み始めたこの青汁は、その後出産し、母乳で育てている今でも欠かせません。 赤ちゃんには自分が食べたものが栄養になると思うと真剣です。
毎日の食事とともに欠かせない飲み物ですね。



健康の不安解消に「青汁・プロ」


<M.Hさん 75歳 男性>
年を取ると食が細くなり、昔のように多くの食事を摂る事ができません。 健康には気をつけているつもりでしたが、やっぱり不安です。 「青汁・プロ」は、娘から教えてもらい飲みましたが、美味しいですね。 カイシンさんは電話で問い合わせても色々と教えてくれるので、とても助かります。 家内と2人、元気で頑張ります。



兄弟が争って飲むようになりました


<N.Sさん 41歳 女性>
2人の息子の野菜嫌いを直そうと、レシピを見て工夫していましたがどうやってもあまり食べてくれません。それならばと御社の青汁を食卓に出してみましたが全く見向きもしません。 ところが私が毎朝飲んでいるのを見てある日長男が「僕も飲む」というではありませんか。 しかもお兄ちゃんが飲んでいるのを見ると、次男まで争うように飲みだしました。 不思議ですね。最近は「僕は成長期だから」といって長男は朝晩2回飲んでいます。 御社には、これからも続けてお世話になると思います。よろしくお願いいたします。



風邪もひかず元気な毎日を過ごしています


<H.Nさん 62歳 女性>
定年退職してから、旅行に趣味に近所づきあいにと大忙しの毎日です。 ある日、風邪がなかなか治らず病院にいったところ「野菜不足」を指摘されびっくりしました。気にしているつもりでもまだまだ足りないのですね。 主人が「騙されたと思って飲んでみなさい」と勧めてくれたこの「青汁・プロ」を、飲み始めてから半年。 風邪もひかず元気な毎日を過ごしています。ありがとうございます。



以前より若く見えると言われました


<M.Hさん 68歳 男性>
自営業のため食事時間はバラバラ。空いた時間にえいっとばかりに食べるので早食いですし、満足度が優先で野菜を多くなんて気にしていられません。 栄養が大切なのは分るのですが難しいなあ、というのが現状でした。 知人から青汁なら仕事の合間に野菜を摂取できるからお勧めするよ、と教えてもらい生まれて始めて飲んでみました。 「青汁・プロ」は思っていたよりずっと飲みやすく、気づけばもう5ヶ月も続けています。 最近では家族から顔色がよくなって以前より若く見えると言われました。 まだまだ現役。これからも青汁と共に頑張ります。



手間も省けて本当に助かります


<S.Tさん 55歳 女性>
他社の青汁をいくつか飲みましたが、青汁・プロは溶けやすくていいですね。 シェーカーを使わなくてもすぐにさっと溶けてすぐに飲めます。 忙しい主婦には手軽で、シェーカーを洗う手間も省けて本当に助かります。 味も軽すぎず、苦すぎずで調度良くて、毎朝欠かせないものとなりました。 心なしか体調もよい感じで、嬉しいことずくめです。



少しずつ変化が見られ驚きました


<N.Rさん 31歳 男性>
独り暮らしでたまには自炊もしていますが、野菜がキチンと摂れていません。 仕事も忙しく、帰宅はいつも深夜でした。 心配した親が送ってくれたのが青汁・プロです。 青汁って年配の人が飲むものと思っていただけに、ショックでしたが飲んでみると意外と美味しく飲みやすいので、最初は親を安心させるつもりで飲んでいました。 続けていると、身体のキレがでてきたり、締まってきたりと少しずつ変化が見られ驚きました。 今では独り暮らしをしている後輩にも「青汁を飲めよ」と勧めています。 送ってくれたおふくろに感謝しています。

                   


ご購入の手順